• ホーム
  • ダイエット中のアルコール摂取ってどうなの?

ダイエット中のアルコール摂取ってどうなの?

ダイエットをしていてもついお酒が飲みたくなってしまうことがありますが、ビールやワインはグラス1杯でもおにぎり1個分くらいのカロリーがあったりするので太ってしまうことが気になります。
特にアルコール度数の高いお酒やクリーム系のリキュール、甘いジュースと混ぜたカクテルなどは太るのが怖くて飲みたくてもなかなか手を出せません。

アルコールに含まれているカロリーはエンプティカロリーと呼ばれていて、体内に入っても体脂肪として蓄積されず、そのままエネルギーとして燃焼される性質があります。
そのため、お酒を飲んだだけでは太ることはなく、摂取したカロリーは全て運動エネルギーになって消えてしまうので太ることはないと言われています。
ただし、エンプティカロリーとして計算できるのは純粋なアルコール分だけです。
そのためクリーム系のお酒やコーラやジンジャーエールで割ったもの、糖質の入ったジュースや炭酸飲料を使ったものはダイエット中に飲むと太ってしまいます。

一番危険なのはお酒と一緒に楽しむおつまみで、スナック菓子や揚げもの、ナッツ類はダイエットの大敵です。
少しだけなら大丈夫だと思って食べ始めるといつの間にか1袋全部空けてしまったり、飲み会などその場の雰囲気でどんどん追加注文をしてしまうと気が付いたときにはかなりの量になっていて体脂肪が増える原因になります。

私たちの体は酔うとコントロール不能になってしまうこともあり、アルコールの摂取量をきちんと把握できず飲み過ぎてあとから気分が悪くなって後悔したりすることもあると思います。
ひどいときには意識不明になったり急性中毒で病院に運ばれたりするケースもあります。
本来機能するはずの肝臓も一度にたくさんの量のお酒が入ってくると分解する働きが追い付かず、ダイエット中に体調を崩してしまう原因になります。
適量のお酒ならダイエット中でも楽しむことができますが、量はほどほどにしておいておつまみはできるだけ食べないようにするのがおすすめです。

アルコールの摂りすぎは太る

摂取量が多くても全てエンプティカロリーだから大丈夫だと思ってお酒を飲み続けていると、体が必要とするエネルギー量よりもカロリーが多くなってしまうので過剰分が脂肪として体内に蓄積されることになるため、アルコールの摂りすぎは太る原因です。
肝臓の分解機能にも限界があるため、酔うとコントロール不能になってアルコールが血液中に入り込んだりさまざまな不調を導くので飲み過ぎには注意が必要です。

お酒と一緒に食べるおつまみは特に糖質が多いメニューばかりで、その場の雰囲気や習慣で食べ過ぎてしまうことがあるのでダイエットには不向きです。
体が運動エネルギーを必要としているときも、アルコールだけならエンプティカロリーとして燃焼できるのにおつまみのカロリーが加わると摂取量が増えすぎて体脂肪として蓄積されることになります。

ダイエットをしていると普段からストレスが溜まりがちで、たまには気分転換に好きなお酒を飲んでリラックスしたくなったり、寝る前に気持ちを落ち着けるために寝酒が欲しくなったりします。
グラス半分くらいの適量を楽しむだけならそれほど問題はなく、肝臓がしっかり機能していれば自然に分解することが可能ですが摂りすぎると逆効果になってしまいます。

どうしてもお酒が飲みたくなったときはアルコールの種類にも着目しましょう。
度数が比較的低いビールやチューハイ、わずかな量でも満足できる赤ワインなどを選ぶようにして、甘くて濃厚なクリーム系のリキュールや度数の高いお酒を混ぜたカクテルなどは避けるようにしましょう。
少量なら気分転換になってダイエット中のストレスを解消することにもつながるので、上手にアルコールと向き合ってダイエットを成功させましょう。

関連記事