• ホーム
  • 有酸素運動ばかりしても痩せない理由

有酸素運動ばかりしても痩せない理由

女性であれば、一度や二度はダイエットに挑戦したことがあるのではないでしょうか。
ダイエットといえば運動です。
特に連想されるのがランニングやサイクリングなどの有酸素運動ではないでしょうか。
とにかくランニングやサイクリングなどをして、脂肪をたくさん燃焼させて、カロリー消費量を高めれば自然と痩せるという理論に基づいて一生懸命有酸素運動をする人が多いです。

ところが、実際には有酸素運動をいくら頑張ってもちっとも痩せないという人が実に多く、結果的に挫折してダイエットを辞めてしまう原因となります。
実は有酸素運動をしてもちっとも痩せないという人にはある共通する間違いがあります。

まず、体重を落とすために有酸素運動だけをおこなうこと自体がそもそも大きな間違いです。
体重を効率的に落とすには筋トレをして筋肉をつけるのが一番手っ取り早いです。
筋トレによって筋肉がたくさん付くと代謝機能が上がってカロリー消費量が多くなり、最終的に痩せていきます。
なかなか痩せないという人は有酸素運動よりもむしろ筋トレを重要視してみましょう。

次に、痩せないという人の有酸素運動が空腹時ではないことが挙げられます。
人間が消費するエネルギーで最も優先されるのが糖質です。
お腹が一杯という事は体の中に糖質が充満している状態です。
そんな状態で有酸素運動をしていても体内に十分蓄えられている糖質を消費すれば事足ります。
肝心の脂肪分は全く消費されません。

痩せるために有酸素運動をするのであれば、空腹時におこなうようにします。
そうすると体内には糖質が不足している状態なので代わりのエネルギーを消費しようと働きます。
ここで、やっと脂肪分が燃焼されるというわけです。

ですから、有酸素運動はできれば空腹時におこなうようにしましょう。
ただし空腹時に消費されるのは脂肪だけではありません。
タンパク質も一緒に分解されます。
筋肉はタンパク質によって形成されているので、効率よく痩せたいのであれば空腹時にタンパク質を失わないような工夫が必要です。

脂肪燃焼ゾーンを知ることで効率よくダイエットできる

ダイエットのために有酸素運動をする場合によくみられるのが体の限界いっぱいの運動をするというケースです。
身体に沢山負荷をかけた方が脂肪の燃焼が多くなって早く痩せられるだろうという概念で行っていると考えられますが、この方法は効率が良いとは言えません。

燃焼カロリーを上げるためには脂肪燃焼ゾーンというものを頭に入れておくことが必要です。
脂肪燃焼ゾーンというのはその名前の通り、脂肪がどんどん燃焼していく状態の事です。
脂肪がどんどん燃焼していくという事は燃焼カロリーもどんどん上昇し、ダイエットにも大きな効果が期待できます。

この脂肪燃焼ゾーンを維持するためには心拍数がとても重要だと言われています。
どれくらいの心拍数が最も適しているのかというと、最大心拍数のだいたい6割くらいの心拍数を維持することが大切だと言われています。
効率的に痩せるためには体に無理な負荷をかけて一気に脂肪燃焼を狙うよりも、無理のない範囲の運動を継続的におこなうことが最も効果的だという事が脂肪燃焼ゾーンの仕組みを見ると分かります。

また、有酸素運動による脂肪燃焼は運動してすぐに始まるわけではなく、最低30分程度継続して運動しないと脂肪の燃焼が始まらないとされています。
つまり、一気に負荷をかけて短時間に運動をしても疲れるだけで脂肪は全く燃焼されていないのです。
運動が元々苦手だという人は無理にランニングをするよりもむしろウォーキング程度の無理のない運動を長い時間続けて行う方がダイエットには効果的です。

ダイエットに必要なことはとにかく継続するという事です。
自分が継続できるレベルの運動を規則正しく続けていくことが最も効果的に痩せるための最善の方法です。

関連記事